壬申の乱で敗れた皇子は、房総の地まで落ち延びてきたのか? by mistral/鋸南 旅ココモバイル!


壬申の乱で敗れた皇子は、房総の地まで落ち延びてきたのか? by mistral
[エリア] 鋸南


今回の旅行記は、放置したままになっていた前回の旅行記に続くものです。 「椿の海を巡って。」のシリーズとは離れた地になりますが、関連があるので同じグループに入れました。 大友皇子の妃の耳面刀自媛(みみもとじひめ)のものとされる陵墓を九十九里浜近くの旭市で見てきているので、皇子の陵墓である可能性...⇒続きを読む

i-mobile
i-mobile

温泉・露天が満載

ホテル予約はこちら

★週末 行楽 なび★
全国イベント情報満載!


[ 写真全75枚 ]
1.境内にある、三猿がほられた庚申塔。
2.境内で草取りをされていたお爺さんによれば..
3.石段を下りて行かれる方の後ろ姿は、 神社..
4.石段の上に拝殿が見えてきた。
5.石段を降りていくと 左手にある泉と手水舎

期間:2021/03/11 - 2021/03/11

ページTOPへ
鋸南旅行記一覧
旅ココTOPに戻る

壬申の乱で敗れた皇子は、房総の地まで落ち延びてきたのか? by mistral/鋸南
©2008 旅ココモバイル
Web Services by
4travel.jp